〈OTOTSU〉は、diskunion DIW によるデジタル・キュレーション&ディストリビューションサービスです。詳しくはこちら

fox capture plan バンド初のコンセプトアルバム。混迷の続く世界の中で明るい未来を見出そうとする、現代版サウンドトラック|新作『NEBULA』インタビュー

インタビュー・テキスト : 金子厚武 撮影:関口佳代 編集:山口隆弘(OTOTSU 編集担当)

結成10周年イヤーに突入したfox capture planが通算9作目となるフルアルバム『NEBULA』を完成させた。前作『DISCOVERY』からわずか半年というスピード感でリリースされる本作は、バンド初のコンセプトアルバム。『カルテット』や『コンフィデンスマンJP』に代表される劇伴仕事で培った作家としての力量を生かし、同じモチーフを様々なアレンジに発展させ、混迷の続く世界の中で明るい未来を見出そうとする、現代のサウンドトラックを作り上げた。以前から交流の深かった9mm Parabellum Bulletの滝 善充をゲストに迎えるなど、新たな刺激となるアイデアも多数詰め込まれ、止まることなく活動を続ける彼ららしい、またしてもの意欲作である。メンバー3人に制作の裏側を聞いた。

―『NEBULA』はfox capture plan初のコンセプトアルバムですね。

岸本

ドリーム・シアターとか、もっとさかのぼるとプログレッシヴロックとかがもともと好きなので、コンセプトアルバムはいつかやりたいと思ってたんです。4枚目の『BUTTERFLY』や5枚目の『FRAGILE』のときも、序章みたいなオープニングがあって、2曲目に繋がる流れはコンセプトアルバムっぽい感じを意識してたけど、それをアルバム一枚丸々やってみたくて、『DISCOVERY』のインタビューをした帰りに、車の中で話をして。

井上

まだ『DISCOVERY』のリリース前に、次のアルバムの話をね(笑)。

岸本

もっと言うと、この次が10枚目になるんですけど、それは何となく原点回帰みたいなイメージがあって。そう考えると、コンセプトアルバムができるのは今かなって。

カワイ

これまで劇伴を10作くらい作ってきて、ひとつのモチーフを派生させる編曲をずっとやってきたから、それを劇伴っぽいアレンジじゃなくて、ちゃんと自分たちの曲として作ることもできると思って。なので、今回のアルバムには各曲に同じモチーフが散りばめられていて、すぐにはわからないかもしれないけど、よくよく聴くと「この曲のあそこをここに持ってきてるんだ」ってわかると思います。

井上

今は配信が主流になって、一曲単位で聴くことが普通になってるから、ストーリー性のあるアルバムって世間的にはあんまり聞かないけど、そういうのをあえてこの時代に出すのも面白そうだなって。

―ドリーム・シアター以外にも、コンセプトアルバムを作るにあたってインスピレーション源になったアーティストはいますか?

岸本

過去にレディオヘッドの“Paranoid Android”のカバーをやりましたけど、『OK COMPUTER』もコンセプトアルバム的な要素がありましたよね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる