〈OTOTSU〉は、diskunion DIW によるデジタル・キュレーション&ディストリビューションサービスです。詳しくはこちら

ピカレスク・オブ・ブレーメン / アウト・オブ・ザ・ウェイ

アウト・オブ・ザ・ウェイ
ピカレスク・オブ・ブレーメン
 2021.11.24 RELEASE
ARCANGELO

狂い咲くイーハートーブのプログレ・ハード「ピカレスク・オブ・ブレーメン」まさかの大ポップ化3rdアルバム。正に日本のスチュアート&ガスキン+松田聖子!発売当時はイエス・ミーツ・聖子と評された問題作であり、隠れた大傑作!

前作までのトリオ編成が女性ヴォーカルの工藤ゆかりとのユニット+ゲストギタリストで’87年に制作された「ピカレスク・オブ・ブレーメン」の最大の問題作であり、プログレッシヴロックとプログラミングサウンドを融合させた摩訶不思議な3rdアルバム。それは当時誰も成し遂げなかった日本のチュアート&ガスキン+松田聖子!80‘sイエス並みの新生サウンドに歌謡曲・アイドルポップがなだれ込む、最早イーハートーブの異端児サウンド。あまりに早すぎるサウンドは当時のプログレ専門店では販売拒否されたという曰くつきの作品が遂にCD化。デジタルシンセポップにプログレハード、混乱と美学ここにあり。1986年の盛岡でのライブより1stより名曲「Neon Stream」の女性ボーカルバージョン収録!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる