〈OTOTSU〉は、diskunion DIW によるデジタル・キュレーション&ディストリビューションサービスです。詳しくはこちら

「ソロ・ギターを演奏するための言語を話せるようになった」ギターとエフェクト・ペダルのみで作られた『Forfolks』をジェフ・パーカー自らが解き明かす。 — Jeff Parker『Forfolks』インタビュー

ジェフ・パーカーには、いくつかの顔がある。ジャズ・ギタリストとして、ブライアン・ブレイドやジョシュア・レッドマンからシカゴのAACMまで、シーンやテリトリーを横断して演奏活動を続けてきた。また、トータスのメンバーとして、即興のないポストロック・サウンドを作り上げた。そして、近年は『The New Breed』と『Suite for Max Brown』のリリースによって、プロデューサー/ビートメイカーとしても新たな注目を集めるようにもなった。そんなジェフ・パーカーが、2021年末に発表したのがソロ・ギター・アルバム『Forfolks』だった。彼の音楽性のすべてが集約されているような、この魅力的な作品と、そのキャリアも振り返る話を訊いた。このインタビューは、2021年12月のスティーヴ・ガンとのツアーの最中に実現した。

インタビュー・構成:原 雅明
インタビュー・通訳:バルーチャ・ハシム
編集:三河 真一朗(OTOTSU 編集担当)


JEFF PARKER(ジェフ・パーカー)
photo by Lee Anne Schmitt

今日は何処でライヴをやったのですか?

Jeff Parker(ジェフ・パーカー)– アトランタでのライヴだった。ちょうど機材を片付けているところだよ。

『Forfolks』の話を中心に伺いたいのですが、ソロ・ギターのアルバムを作るアイデアは、以前から温めていたのでしょうか?

2016年に『Slight Freedom』というソロ・ギター・アルバムを、Eremite Recordsからリリースしたことがあったんだ。ソロ・ギターのみで作品を作るというコンセプトは、そこから始まった。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる